<

BLOGS

社長のつぶやき

2017年03月24日

卒業式 経験

卒業式

あの頃と全く変わらない小学校

 今日は加茂市内小学校の卒業式でした

我が母校の卒業生12名の門出を祝いに小学校へ行ってきました。
去年は座っているだけなので気楽でしたが
今年はそうもいかず。

粛々と卒業証書授与式が進行していきます。
前回激しく突っ込んでくれた校長先生の式辞が終わり
(内容は全く覚えてないけど、4回噛んだのは確認)
教育委員会の式辞が終わり
(どこで頭を下げるのかを、しっかり確認)
そして自分の名前が呼ばれます。
4月の入学式、やらかした記憶が蘇ります。
あれから11ヶ月。
少しは成長したおじさんの姿をみんなに見せなければ!

4月も体験した手の震え。
人間緊張すると手が震えるんですよ。
祝辞を持つ手が震ます。
昔、証人喚問で手が震えてサインができなかったおじいさんの気持ち
今の私なら分かります。
脇を締めると体が震えだして、祝辞を持つ手の震えは諦めました。

できることだけ集中しよう。

声は大きく出そう
ゆっくりしゃべろう

そしたら意外とスムーズに最後の行まで来ました。

入学式ではここで油断しました。
今日は一呼吸置いて、間を取ります。
平成29年3月24日!
いけました!
入学式ではこの日だけ平成24年4月6日になったのです。

段差も一段一段確認して自分の席を目指します。
ストーブの隣で、素手では触れないほど熱くなったパイプイスに腰掛け
生きていることを実感しました。(もう少しストーブの位置を考えてよ)
我に返り校歌斉唱。
普段より自信に溢れた態度で熱唱。
おじさんの一日が無事終了しました。

傍から見ているとなんてことないセレモニー。
チキンなPTA会長の、心の葛藤を文章にしてみました。
こんな貴重な体験をさせてもらった小学校に感謝です。

卒業生の皆さんおめでとうございました。
ありがとうの気持ちで、頼むぜ!