<

BLOGS

社長のつぶやき

2019年04月10日

559号 現場代理人 しごと

現場代理人のしごと4

体育館の改修工事

 設計通りにつくってはいけない

前回の続き

刺激的なタイトルですが
ズバリそうです
現地合わせという作業が出てきます
設計図通りにつくったらどうなるかをイメージして
現地にフィットするか
求められる性能を発揮できるか
地域の方々の使い勝手が良いか
等を事前に調査します
それらの条件にマッチしたら設計通りに進めます
もしひとつでも外れるようならば
発注者(役所の担当者)や設計コンサルタント、そして地元の方々と相談します
条件に合うように設計を変えて(設計変更)改めて工事スタートです
現地あわせといっても勝手に変えてはいけません
発注者の了解があってはじめて変更されます
発注者とコンサルタント、地元との協議が上手くいくように段取りするのが、現場代理人の腕の見せ所です

まだまだ続きます