<

BLOGS

社長のつぶやき

2020年07月07日

634号 豪雨災害 命を守る 現状認識 早めの準備 50年に一度 七夕

七夕の日に

今日は七夕

 50年に一度の雨

この度の熊本鹿児島豪雨において、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地が一日も早く日常を取り戻せるよう、心より願っています

守り人を仕事してから20数年
狭い県央地域の範囲においても2回、50年に一度の値を超えるような雨に出くわした
大きな被害が出た

データの前提がちょっと異なるが
公開されている50年に一度の値は48時間382㎜
平成17年 7.13水害は24時間316㎜
平成23年 7.29水害は72時間623㎜
凄まじい雨だった

ハードの整備だけでは被害を抑えることは難しい
ひとりひとりが意識するソフト面が命を守る
・現状認識(ハザードマップの確認、50年確率の雨量を知る)
・早めの避難(空振り上等、行動を起こす)

今も雨が降っている
スーパーコンピュータでも当てられない近年の豪雨
「大丈夫だろう」の正常時バイアスは危険
なにより命を守る行動を起こして欲しい


今日の一枚
以前会社で行った七夕飾り
今年も短冊に願いを書きました


加茂の100年企業 創業嘉永年間
ふるさとの守り人&家族の笑顔つくり人
株式会社堀内組 堀内 大祐