<

BLOGS

社長のつぶやき

2020年09月19日

648号 ふるさとの現状 いなか 建設業 現状認識

いなかに建設業は必要か その1

ふるさとの地酒

 人口減少、少子高齢化

私が生まれ育ったふるさと

人口は26,000人
私が小学生だった35年前より
10,000人減
3割の人がいなくなった

私が学んだ小学校
児童数100人減
7割の子どもがいなくなった

大切な働く場所
事業所数は2200社から
900社減少
4割もの会社がなくなった


建設業の内情も
かなり厳しい

この20年間
建設業で働く人が
実に187万人減った
技術者(現場監督)は25%減
技能者(職人さん)は28%減

高齢化が言われて久しい

建設業で働く人の割合は
55才以上が35%
29才以下が10%

10年後にはさらに
これだけの人が引退する


これが
ふるさとと
建設業の現状だ


その2につづく


今日の一枚
加茂が誇る地酒
マスカガミ
雪椿
加茂錦


加茂の100年企業 創業嘉永年間
ふるさとの守り人&家族の笑顔つくり人
株式会社堀内組 堀内 大祐