<

INTERNSHIP

職業体験

建設のしごと、体験してみよう

施工管理とモノづくり

建設業の仕事に興味をお持ちの皆さん

  建設工事には、設計士や現場代理人、作業員や運転手など多種多様な仕事があります。今回はその中でも現場代理人(現場監督)という仕事と、モノづくりの楽しさの2つを取り上げようと思います。

 


リアル体験、施工管理の仕事
5日間コース 12月7日~11日

現場代理人の仕事とは

現場代理人(現場監督)とは、現場の施工管理を行う人のことを指します。
  施工管理とは、現場に関わるヒト・モノ・カネ・時間をマネージメントして、決められた予算で、決められた納期で、求められた品質のモノを造る仕事です。

  具体的な仕事は次の通りとなります。
  最初に、渡された設計図を元に完成をイメージし、どういった順序で作業を進めたら安全かつ経済的に完成できるかを考え、それに合った人・機械・資材を準備します。
  準備が終わり、現場での直接作業がスタートします。
  作業員が正しく仕事ができるように丁張(目印)をつくり、作業の進捗を把握し、現場の安全を確認し、完成したモノが寸法通りに、品質を満たしているかをチェックします。
  最後に、工事証明書類と共に完成品を引き渡すやや裏方の仕事です。

  ただ、インターンシップで施工管理の魅力を伝えるは、難しいと考えていました。施工管理の仕事の多くが「段取り屋(準備する人)」だからです。そのため多くのインターンシップでは現場見学や測量体験が主となり、施工管理の醍醐味ややり甲斐、魅力を伝えられていません。

  実のところ、堀内組もそうでした・・・
  そこで原点に戻るために、施工管理の仕事について弊社の現場代理人に話を聞きました。
仕事のやり甲斐とは?
  「何もないところからスタートして、途中上手くいかない部分もあったが、何とか完成させた時、それまでの苦労が一気に吹っ飛ぶような、他では味わえない大きな感動がある」
という答えでした。
その他にも
「出来上がったものが、地域の人達に安心や便利さを与えれる」
「その後何十年も、子供や孫の代まで使われるものになる」
「途中で止めずに、最後までやってこその感動は癖になる」
「ありがとうね」近所のおばあちゃんの一言に救われる 等


  こんなにやりがいのある、施工管理の魅力をどうしたら伝えれるか。
悩み抜いた結果、「実際に最初から最後まで工事をマネージメントしてもらおう」という結論に至りました。

 


側溝布設工事をやっちゃおう

というインターンシップを作りました。

1.設計照査
:設計内容が正しいかチェックする

2.現場測量
:設計内容を測量しながら現場に落とし込む

3.資機材手配
:施工に必要なヒト、機械、モノを準備する

4.現場施工
:実際に工事を進める

5.出来形計測
:設計通りに造られているか確認する

6.施工完了
:成し遂げた感動を味わう!

以上1~6までのステップを 5 日掛けて行います。
現場代理人の仕事とは、施工管理というものを肌で感じて頂けたら嬉しいです。
建設業界の研究や、将来建設・建築のどの職種につきたいか迷っている方におススメです!!
 

1.設計照査

設計が正しいかチェック
 

2.現地測量

設計を現場に落とし込む
 

3.資機材手配

ヒト、機械、モノを手配
 

4.現場施工

掘削

地面を掘る
 

4.現場施工

砕石転圧

土台となる石を締め固める
 

4.現場施工

側溝布設

水路を並べる
 

5.出来形計測

正しく出来たか確認する
 

6.施工完了

完成を喜ぶ

建設業ってモノづくり、体験
2日間コース 12月18日~19日

イメージを具現化してみよう

モノは人の手から生まれます。自分の頭で思い描いたモノを速乾性セメントを使って表現してもらいます。ものづくりの楽しさと自分の手の可能性を再発見するインターンシップです。

1.イメージ化
:自分の作りたいモノを考える 

2.設計図面作成
:イメージしたモノを図面に落とし込む

3.型枠加工・組立
型枠を切り出し、組み立てよう

4.練り・充填
セメントを流し込こもう

5.脱枠・完成
型枠をはずして完成を見てみよう

  以上 1~5のステップを 2 日間掛けて行います。
どなたでも参加可能ですので、お気軽にエントリーください。
 

1.イメージ化

造りたいモノを考える
 

2.設計図作成

イメージを図面化する
 

3.型枠加工

枠に合わせて板を切り出す
 

3.型枠組立

切り出した板を組み立てる
 

4.セメント練り

セメント・砂・水を混ぜる
 

4.セメント充填

混ぜたセメントを流し込む
 

5.脱枠・完了

完成の喜びを味わう